精神科専門医

ベンゾジアゼピンはなぜ衝動性や希死念慮を引き起こす?

ベンゾジアゼピンはなぜ衝動性や希死念慮を引き起こす?

ベンゾジアゼピン系薬剤の副作用として奇異反応が起こることがある。脱抑制ともいう。

奇異反応とは、抑うつ状態、精神病状態、敵意・攻撃性・興奮などが薬剤の投与で逆に出現・悪化するもののことである。

興奮により衝動性が増したり、抑うつ状態による希死念慮が出たりもすると考えられる。

奇異反応の出現頻度は0.2-0.7%と少ない。

しかし、葛藤の多い環境や元々衝動コントロールが不良な患者などで起こりやすいとされている。

奇異反応はベンゾジアゼピン系薬物の中枢神経系への作用による脱抑制によって起こると考えられているが、詳細な機序は不明であるが、中枢性の抗コリン作用やセロトニンが関係しているという仮説がある。

治療は原則として、原因となる薬剤の中止である。

 

【医師限定】「メドピア」登録で2,000円もらえるキャンペーン中!

医師向けに、薬剤情報提供サービス「メドピア」ができました。

現在会員募集に力を入れている段階で、2,000円分のポイントがもらえる登録キャンペーンを実施中です。

すでに会員の医師からの紹介で登録すると、2,000円分のポイントがもらえます。

私の紹介で良ければシリアルコード【ycflqt】で登録してみてください。

詳しい登録の手順は「メドピアの登録のやり方」にまとめました。

シリアルコード【ycflqt】で登録!

メドピアの登録のやり方は?シリアルコード・紹介コードを入力するのはここ!メドピアの登録のやり方をわかりやすく解説します。 シリアルコード・紹介コードの入力を忘れると2,000ポイントをもらうことができま...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA