腎臓内科

ファンコーニ症候群の病態

ファンコーニ症候群の病態

ファンコーニ症候群は、近位尿細管が機能不全をきたし再吸収ができなくなるというもの。

なので、本来近位尿細管で再吸収される様々な物質が減少する。

つまり、近位尿細管で再吸収されるものが尿中に排泄されるため、本来再吸収される物質は尿中で増加し、血中で低下する。

近位尿細管で再吸収されるものは、以下の通り。

グルコース

アミノ酸

リン酸

重炭酸(HCO3−)

K、Ca

尿酸

なので、低尿酸血症もきたすと考えられる。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA