麻酔科

【麻酔】半閉鎖法でソーダライムを使う意味

現在使用されている全身麻酔装置は半閉鎖式麻酔回路。

半閉鎖法とは?

半閉鎖式麻酔回路では、呼気を再度吸気ガスとして一部利用することができる

人工呼吸器では分時換気量分の空気・酸素ガスが必要ですが、麻酔器ではより少ない量の新鮮ガス流量で麻酔維持を行うことが可能

半閉鎖法の目的は?

揮発性麻酔ガスの有効利用や、余剰麻酔ガスによる空気汚染の軽減が図られている

ソーダライムとは?

人間は酸素を吸って二酸化炭素を吐き出しているため、そのままでは低酸素、高二酸化炭素になってしまうので、ある程度の酸素を新鮮ガスとして供給し、二酸化炭素は一般的にソーダライムと呼ばれる吸着剤で吸着しています。

出典:http://www.covidien.co.jp/medtronic_rms/vol_81?article=01

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA