整形外科

コンパートメント症候群の病態、症状、診断、治療

コンパートメント症候群の病態

骨折による筋肉内出血や浮腫、ギプス固定による長時間の圧迫により、区画の内圧が上昇し、循環不全となる。

コンパートメント症候群の症状

急激に発症する蒼白、脈拍消失、疼痛、運動麻痺、感覚障害、他動伸展時の疼痛増強

6P

コンパートメント症候群の診断

筋区画内圧測定


出典:https://www.indiamart.com/proddetail/intra-compartmental-pressure-monitor-14802708430.html

コンパートメント症候群の治療

ギプスなどの圧迫解除

筋膜切開による除圧

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA