内分泌代謝内科

偽性副甲状腺機能低下症とは?

偽性副甲状腺機能低下症とは?

副甲状腺ホルモンは正常に分泌されているが、組織が副甲状腺ホルモンに対して抵抗性を示す。

そのため、副甲状腺ホルモンが保たれているにもかかわらず、低カルシウム血症、高リン血症などといった副甲状腺機能低下症と同じ症状をきたす。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA