精神科専門医

ロラゼパムとアルプラゾラムの違い、使い分け

ロラゼパムとアルプラゾラムの違い、使い分け

どちらもベンゾジアゼピン系抗不安薬であり、作用するまでの時間や半減期もほとんど変わらない。力価もあまり変わりがない。

適応については、ロラゼパムが神経症における不安・緊張・抑うつに通っているので使いやすいかもしれない。

ロラゼパム

効能効果

神経症における不安・緊張・抑うつ

心身症(自律神経失調症、心臓神経症)における身体症候並びに不安・緊張・抑うつ

用法用量

通常、成人1日ロラゼパムとして1〜3mgを2〜3回に分けて経口投与する。なお、年齢・症状により適宜増減する。

薬物動態

健常成人にロラゼパム1.0 mgを経口投与したとき、未変化体の血中濃度は約 2 時間で最高値を示し、24時間後に消失した。なお、本剤の半減期は約12時間であり、尿中からは、大部分がグルクロン酸抱合体として排泄された。

出典:ワイパックス 添付文書

アルプラゾラム

効能又は効果
心身症(胃・十二指腸潰瘍、過敏性腸症候群、自律神経失調症)における身体症候ならびに不安・緊張・抑うつ・睡眠障害

用法及び用量

通常、成人にはアルプラゾラムとして1日1.2mgを3回に分けて経口投与する。
なお、年齢、症状により適宜増減する。増量する場合には最高用量を1日2.4mgとして漸次増量し、3〜4回に分けて経口投与する。
高齢者では、1回0.4mgの1日1〜2回投与から開始し、増量する場合でも1日1.2mgを超えないものとする。

薬物動態
健康成人に1回0.4mgを経口投与した場合の血中濃度は、投与約2時間後に最高値6.8ng/mLに達し、半減期は約14時間である。

出典:ソラナックス 添付文書

 

マッチングや診療科選びに悩む方必見!医師の進路選びnoteがおすすめ!

研修病院マッチング、診療科選びなどの医師の進路選択において役立つnoteです!

給料、QOL、将来の診療科の動向などについて書いています。

「研修病院どこにしよう…」

「将来の診療科が決まらない…」

そんな将来に悩む、医学生や初期研修医の方におすすめです!

全部個別に買うと1万円以上するのですが、マガジンで買うと5千円で全て読むことができます!

noteを見てみる

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA