112回医師国家試験

変形性股関節症の病態、症状、診断、治療

変形性股関節症の病態

原因は一次性と二次性がある。

二次性が大半であり、寛骨臼形成不全や発育性股関節形成不全が原因で、股関節の関節が破壊、変形をきたす

変形性股関節症の症状

鼡径部疼痛、関節可動域制限、関節変形による脚長の差、跛行

変形性股関節症の診断

関節裂隙狭小化
骨棘形成
軟骨下骨の骨硬化像
骨嚢胞

変形性股関節症の治療

保存療法

手術:人工股関節置換術、寛骨臼形成術、骨切り術など

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA