111回医師国家試験

偶発病変とは?

偶発病変とは?

患者を診察したり診断をする過程で、主疾患とは関係なく見つかる病変。

偶発病変は、見つけられたとしても主疾患の治療や予後などに直接影響しない範囲の病変である。

例えば、前立腺癌を疑わうことなく、前立腺肥大症の手術や膀胱癌の手術をきっかけに前立腺癌が発見された場合は、偶発癌という。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA